会社の次の10年、20年を見据え ずっと第一線で活躍する技術者を輩出したい

基本に忠実、この積み重ねが信頼の秘訣

この業界は何よりも安全第一。弊社では社員だけではなく、協力会社や職人さんも交えたひとつのチームとしてKY活動(危険予知活動)へ取り組み、安全の共通認識とリレーションシップを深めてまいりました。私も元技術者として現場の声に耳を傾け、積極的に改善を行っています。

当たり前ではありますが「安全意識」「改善」そして「丁寧な施工」の徹底を行い、幅広い業界で信頼を獲得しながら、電気を通して社会の発展に貢献しています。

ゆるぎない未来を創るキーパーソンへ

大切なことは、お客様、社内の先輩、後輩などどんな立場の人ともコミュニケーションができること。うまくできなくても、積極的に関わり興味を持つことが大切です。コミュニケーションに潜むニーズやアイデア、ノウハウなどには現場をマネジメントする上でも必要なヒントが溢れています。

自然災害などの影響から原子力に変わる太陽光やバイオマス発電など、新しいエネルギーへの開拓も始まっています。常に新しいことへのチャレンジはもちろんですが、今まで取り組んできたことを違った視点から見直すことも大切。基盤固めをしっかり行ってこそ、次のゆるぎない未来が創造できるはず。もちろん技術面においても教育プログラムや資格取得支援、さらに私のエンジニア経験を交えてしっかり指導します。

目指しているのは大阪一、そして日本一の会社になること。私もまだまだ、ボスではなく“リーダー”として現場第一の視点で進むつもりです。ともに電気を通じて明るい社会を育んでいきましょう。

代表取締役  森 博明
↑