未来の街づくりのため、日々挑戦し続ける社員からのメッセージをお届けします

父の背中がかっこよく見えた。街に明かりを灯す仕事へ挑む 大阪本店 工事部 姫野 優也 入社2年目

Q1 入社する決め手となったものは?

もともと父がこの仕事をしていたこともあり、幼い頃から憧れと興味がありました。学校からの紹介で職場見学に訪れましたが、明るく温かい雰囲気にひかれて入社を決意。
現在は上司のサポートを行いながら知識や技術を学んでいるところ。3ヶ月に一度テーマの違う新人研修もあり、着実に身につけられるのがうれしいですね。

Q2 仕事をする上で気をつけていることは?

現場には多くの協力会社や職人さんなどが集い、時には機器の配置などで意見が合わないことも。そういった中でも、常に「お客様のためになるか?」を第一に考えて行動することを心がけています。職人さんたちの仕事のしやすさは自分の手にかかっているので、段取りなどの工夫も大切。
上司や先輩たちの良いところを吸収しながら、もっと大きく成長していきたいですね。

経験を糧に見つけたビジョン。マインドも技術面も頼れる存在を目指す 大阪本店 工事部 本多 史宏 入社4年目

Q1 社内の雰囲気や働きやすさは?

実は私の代が久しぶりの新卒採用で、先輩といえばベテランの方ですが、みんな面倒見の良い方ばかり。一人で現場を任され間もない頃、判断に迷うことがあり、先輩に連絡したらすぐに駆けつけて、一緒に対応を考えてくれた時は非常に心強かったですね。
私も今や後輩を持つ身。自分の経験を活かし、後輩たちが“相談しやすい”先輩でありたいと思っています。

Q2 これから先、目指している目標は?

少しずつ担当件数が増えてきたので、自分ひとりで安全かつ、最後まで滞りなく案件を進めることが目標です。そのためにも、職人さんたちともっと意思疎通を図らなければいけないですね。
1級電気工事施工管理技士の資格を目指しているので、安全管理や法令関連もしっかり学んでいきたいと思います。技術者である社長から直々の指導もあり、成長を後押ししてくれる環境が本当にありがたいです。

安定稼動してはじめて成功の証。バランスの良い環境が成長を育む秘訣 大阪本店 工事部 中山 淳 入社26年目

Q1 仕事でいちばんやりがいを感じる時は?

無事に竣工した時、さらに安定稼動の確認が取れた時ですね。
ひとつの建物を作るために多くの企業や職人が携わっていますが、電気がきちんと通らなければその仕事や苦労もみんな水の泡。現場は長期になることもありますが、大きな使命感と達成感を味わえる、ただ「通して終わり」だけではない仕事です。

Q2 これからを担う人材に期待することは?

それぞれの役割で現場代理人=社長の代わりという認識をもち、報・連・相を欠かさず自分に責任をもって行動することが大切。トップのリーダーシップと一人ひとりの裁量のバランスが非常に良く、チームワークの中でのびのび成長できる環境です。
「次もあなたにお願いしたい」と指名がくるような人材に育ってほしいですね。

↑