未来の都市創造に向け、最先端の技術で貢献する。

“融和・調和・平和”

この3つの和をモットーに、電気設備という世の中にとって最も大切なインフラの整備と安定供給を通じて、人々が安心して暮らせる社会づくりに貢献します。

三和電気土木工事は昭和3年の会社設立以来、電気設備工事を主力事業として、日本のインフラ整備の一端を担う者としてあらゆる実績を重ねてまいりました。
今日では大規模施設やプラント、送配電施設などの電気設備工事や、ITソリューションを提供する最先端の情報通信工事にも幅広く対応しています。

さらに再生可能エネルギー関連工事にも着手し、この先も常に最新の技術を導入して、地球環境を守り、社会の発展と未来の街づくりに貢献してまいります。

代表挨拶

弊社は設立から88年に渡り、官公庁、病院、オフィスビル、プラント、さらに名だたる大手企業などの重要な施設において電気設備工事に携わってまいりました。

当たり前のことではありますが、安全意識・改善・丁寧な施工を徹底し、何よりも「安全第一」で誠実な工事を手がけていくこと。
そして、社会インフラに携わり公共性の高い業務を遂行しているという使命感のもと、日夜、施工技術の向上に努めてまいりました。
こうして微力ながらも社会の発展に貢献できたのは、ひとえに皆様方の温かいご支援の賜物と深く感謝する次第でございます。

これからも社員一同、技術力の向上に一層励み、技術の進歩と時代の変化に対応していくことで、皆様方のお力になれるよう邁進していく所存でございます。
つきましては、今後ともご支援ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

代表取締役  森 博明
↑